本文へジャンプ  

 

KKB
KKB > ビデオのページ
KBB | 杉原淳 五十嵐明要 原田忠幸
 
新編成のバンド「KKB」をご紹介します
私たちは「KKB」バンドメンバー。スウィングジャズを中心に暖かく、心躍るジャズミュージックをお届けするのが役目。ところでKKBとは?いま人気絶好調、若い女性グループAKBの向こうを張ってのKKB。若さには立ち向かえませんが、音楽の楽しみをお贈りするなら、全く引けをとりません。

そんな自信と誇りをもったオジサンバンド、総年齢数は?驚くなかれ3人あわせて230才あまり。いずれも日本ジャズ界を背負ってきた逸材ぞろいなんですから。

ところで「KKB」の意味、なんとお思いでしょうか?実を明かしますと、最初のは「後期のK」、2番目のは「高齢者のK」、は「楽団のB」、すなわち後期高齢者バンドの略称です。実際、年齢は全く感じさせない自信とプライドをもって演奏しています。メンバーを紹介しましょう。

五十嵐明要 (Alto Sax)
若い頃から原信夫とシャープスアンドフラッツ、ブルーコーツ、ジョイフルオーケストラと一貫してコンサートマスターを務めてきました。また自己のグループ「聞楽亭」を率いて東京を中心にライブ活動を展開中。1989年にはモントレージャズ・フェスティバルに出演。またニューヨークの音楽の殿堂カーネギーホールにも出演。アルバムも「SAX TALK」「SWING TIME」など多数。(昭和7年生まれ)

杉原 淳 (Tenor Sax)
澤田駿吾ダブルビーツでプロとしてデビュー。その後世良譲のグループを経て自己のバンド「杉原淳とイーストサウンズ」を結成。ファンキージャズで人気を博す。1969年大橋巨泉とサラブレッズを結成。NTV「11PM」に16年間レギュラー出演する。最近は演奏だけでなくプロデューサーとしても活躍中。アルバムは「EASY LIVING」など多数。(昭和11年生まれ)

原田忠幸 (Baritone Sax)
原信夫とシャープスアンドフラッツ、前田憲男率いるウェストライナーズで、西条孝之介、五十嵐明要、猪俣猛などと共演。その他フランク・シナトラ、サミー・デイビスJr、ライザ・ミネリ、スティーヴ・ローレンス、イーディ・ゴーメなど多くの外タレの日本公演において自己のグループで共演した。現在も前田憲男&ウィンド・ブレーカズなどで活躍している。(昭和11年生まれ)

すごいメンバーでしょう?ジャズは楽しくなくちゃ意味がない。良いムードがあなたの人生を彩ります。是非一度、私たちKKBのライブ会場にお越しください。貴方を満足させる素敵な時間を差し上げます。お待ちしています。

ナオミ・グレースさんのブログ
このページの上に戻る