本文へジャンプ  

 

五十嵐明要 (いがらし あきとし)
クリックすると大きな写真に1932年 東京都中央区八丁堀生まれ。日本ジャズ界偉才のアルト・サックス・プレイヤー。「シャープス&フラッツ」 「ブルーコーツ」 「小原重徳とジョイフル・オーケストラ」 と、一貫してビッグ・バンドのコンサートマスターを務めた。その一方で、実兄の五十嵐武要(たけとし)(ドラムス)と共に、自己のバンド 「ザ・聞楽亭(ぶんらくてい)」 を結成し、現在も多岐にわたり活躍中である。

その人間味溢れる感性と、豊かな表現力に支えられた円熟のプレーに対して、数多いジャズ・サックス奏者の中で “ONE AND ONLY” と尊称されている。また、レパートリーも幅広く、スウィング・ジャズ、モダン・ジャズはもとより、カクテル・ミュージック、ダンス・ミュージックにまで及んでいる。

1989年には、世界で最も権威あるジャズ・フェスティバル「アメリカ・モンタレー・ジャズ・フェスティバル」から正式に招かれ、わが国ジャズ界の代表として出演し喝采を博した。1992年には、「ロサンジェルス国際ジャズ・フェスティバル」に北村英治(クラリネット)と共に招かれて出演。1994年には、歴史的な 「JAPAN JUST JAZZ ALL STARS」 の一員としてニューヨークのアポロ・シアター及びカーネギー・ホールに出演。2001年5月、オランダの「ブレダ国際ジャズ・フェスティバル」に招聘され、絶賛を受けた。

音楽生活60周年を迎える五十嵐明要の活躍に対し、今、国内外を問わず大きな期待と注目が寄せられている。自己のリーダー・アルバムは多岐に及ぶが、最近の自己CDアルバムは、 「SAX TALK」 「SWING TIME」 「HERE AT LAST」 「WE3+THREE  Salute to Sir Duke」 「ALL OF ME」 「SATIN DOLL」 などがリリースされている。
印刷用-1.pdf   印刷用-2.pdf  写真-1 写真-2 写真-3 写真-4
1932年   6月2日 東京中央区八丁堀で、5人兄弟の末っ子として生まれる
1944年   埼玉県大宮市日進に学童集団疎開
1945年   中学受験のため帰京。東京大空襲被災
1948年   高1の夏休み、丸の内ホテルのバンドボーイとしてジャズ界へ
1949年   歌舞伎座隣のクラブ・エデンのディキシー編成のバンドでプロ入り 植木等(g)など
1951年   渋谷・道玄坂のフォリナーズクラブの松下彰孝(d)の「メトロ・トーンズ」へ
1952年   沢田駿吾(g)の「ダブル・ビーツ 5」へ 徳山陽(p) 五十嵐武要(d) 鈴木実(b)ほか
1956年   高見健三の「ミッドナイト・サンズ」へ
1957年   西条孝之介(ts)の「ウェスト・ライナーズ」へ 原田忠幸(bs) 前田憲男(p) 金井英人(b)ほか
1960年   原信夫(ts)の「シャープス&フラッツ」へ
1967年   「ブルーコーツ・オーケストラ」へ
1978年   小原重徳の「ニューオータニ・ジョイフル・オーケストラ」へ
            自己のバンド「ザ・聞楽亭」を結成 実兄の五十嵐武要(d)と
1986年   初リーダーアルバム 「SAX TALK」 を録音
1989年   アメリカ モンタレー・ジャズ・フェスティバルに出演
1992年   ロサンジェルス 国際ジャズ・フェスティバルに出演
1994年   ニューヨーク アポロ・シアター、カーネギー・ホールに出演
2001年   オランダ ブレダ国際ジャズ・フェスティバルに出演
2004年   原田イサム(d)と双頭の「横浜ロイヤルパーク・オーケストラ」を結成
このページの上に戻る