本文へスキップ

五十嵐明要オフィシャル・ウェブサイト

新着情報WHAT'S NEW

文部科学大臣から表彰される


2018年1月15日、「我が国を代表するジャズ・アルトサックス奏者として永年にわたり活躍し、我が国音楽文化の振興に貢献している」として、文部科学大臣から表彰されました。

文化庁の報道発表はこちら (PDF)


Guitar Magazine 2018年5月号
沢田駿吾とダブル・ビーツのオリジナル・メンバー 五十嵐明要(as)の証言


Guitar Magazine沢田駿吾が立ち上げたジャズ・コンボの走り「沢田駿吾とダブル・ビーツ」。日本のジャズ を振り返るにあたり避けては通れないグループだが、オリジナル・メンバーの五十嵐明要(as) はまだ現役バリバリ。現場にいた当事者しか語れない、その頃のジャズ、音楽シーン、そして沢田駿吾について話を聞いた。(取材=久保木靖)

>>全文を読む (HTML版)


SaxMagazine 2014年12月
和ジャズの巨人・五十嵐明要


五十嵐明要ビッグバンド全盛期に名門バンドを支えたリード・アルト・サックスの巨匠。

日本のジャズ・ヒストリーに名を残す、偉大なるサックス奏者の偉業を振り返る連載企画「和ジャズの巨人」。

第2回は1949年にプロ生活をスタート、1950年代はコンボで活躍し幻のモカンボ・セッションにも参加。1960年代以降にはシャープス&フラッツやブルーコーツ・オーケストラなど名だたるビッグ・バンドの名リード・アルト奏者として活躍した五十嵐明要にご登場いただいた。

82歳の現在も、衰えを知らぬ美しいサウンドで今も多くのファンを魅了する五十嵐に、65年もの長きにわたるジャズ・サックス・プレイヤーとしての半生を振り返ってもらった。 (インタビュアー:渡部博)

>>全文を読む (HTML版)  >>全文を読む (PDF版)


雑誌・男の隠れ家 2011年6月号


五十嵐明要・書斎「男の書斎」に新装なった書斎が紹介されました。
デューク・エリントンなど、愛聴のCDを聴き練習するリフォームで得た、シンプルな空間。

文◎宇田川悟 写真撮影◎多賀谷敏雄

>>全文を読む (HTML版)   >>全文を読む (PDF版)


「五十嵐明要さんの傘寿を祝う会」案内


「われ等がトシちゃん」ことアルトサックス奏者・五十嵐明要さんが、今年6月にめでたく80歳(傘寿)を迎えられます。そこでこの度、五十嵐明要さんの一層のご活躍を祈って、発起人があつまり「五十嵐さんの80歳を祝う会」を開くことになりました。

五十嵐明要傘寿の会場所は都内を360度展望できる築地聖路加タワー・レストラン「ルーク」です。景観豊かな高層ビル最上階でライブ演奏とお食事、お酒を楽しみながらお祝いをという趣向です。

なお、当日は五十嵐さんが主宰するカルテット「ザ聞楽亭jをはじめとして、サキソフォンの杉原淳(Ts)、原田忠幸(8s)両氏と結成したトリオのKKBバンド(後期高齢者バンドの略)など、多くの友情出演が企画されております。

ネオン輝くトウキヨウの夜景の素晴らしい会場で、JAZZを楽しむ晴れやかな雰囲気の中、五十嵐さんをお祝いする会にしたいと思います。

皆さまにおかれましては、お忙しいことと思いますが、私どもの趣旨にご賛同いただきご参席いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

発起人 猪俣猛、杉原淳、原田イサム、原田忠幸、前田憲男、森サカエ、関孝安、多賀弘明、吉江亮一( 五十音順)
司会進行 三規直子
●日時  平成24年6月8日(金曜日) 開宴18:30-21:30 (開場18:00)
●会費 12,000円(食事、アルコールフリー付)
●会場 レストラン「ルーク」 電話 (03)3248-0211
  〒104-0044 東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン47階

フライヤーはこちらです。(PDF)

大山日出男さんのブログ