本文へジャンプ  

 

五十嵐明要 レビュー
和ジャズの巨人・五十嵐明要 SaxMagazine 2014年12月
ビッグバンド全盛期に名門バンドを支えたリード・アルト・サックスの巨匠五十嵐明要
日本のジャズ・ヒストリーに名を残す、偉大なるサックス奏者の偉業を振り返る連載企画「和ジャズの巨人」。第2回は1949年にプロ生活をスタート、1950年代はコンボで活躍し幻のモカンボ・セッションにも参加。1960年代以降にはシャープス&フラッツやブルーコーツ・オーケストラなど名だたるビッグ・バンドの名リード・アルト奏者として活躍した五十嵐明要にご登場いただいた。82歳の現在も、衰えを知らぬ美しいサウンドで今も多くのファンを魅了する五十嵐に、65年もの長きにわたるジャズ・サックス・プレイヤーとしての半生を振り返ってもらった。 (インタビュアー:渡部博)
 
>>全文を読む (PDF)
 
雑誌・男の隠れ家 2011年6月号
「男の書斎」
デューク・エリントンなど、愛聴のCDを聴き練習するリフォームで得た、シンプルな空間
文◎宇田川悟
写真撮影◎多賀谷敏雄
>>全文を読む (PDF) (文字が小さいので、ブラウザを大きくしてご覧ください)

雑誌・男の隠れ家のサイトはこちら
お近くの書店でぜひお求めください。
 
実力ナンバー・ワンのアルト奏者 五十嵐明要 瀬川昌久
ベテランの境地に達した今、新旧のスタイルを超越した彼独自の個性を開拓しながら、ますます冴えたプレイをきかせている。  >>全文を読む
ワン・アンド・オンリー 五十嵐明要 久保田二郎
彼はアンサンブルにおいて、リードアルト奏者としてばかりでなくソロ・プレイヤーとして実に卓越した個性を発揮する実に貴重なプレイヤーである。  >>全文を読む
アルト・サックスの持つ本来の美しい音色 海老原啓一郎
アルト・サックスの持つ、本来の美しい音色からいったら五十嵐明要が一番じゃないですか。
>>全部を読む
 HERE AT LAST 五十嵐明要ミーツ田村翼 伊藤 潮
幻のモカンボ・セッション(1954年当時の日本のホットなジャズ・シーンを記録した名盤)などにもその名を連ね、以来コンボに、オーケストラにと常に一線を歩いてきた、わが国の誇るアルト・サックスの名手。>>全文を読む
若い愛好家には永く聴き込んで、よく味わって欲しい 中野智安
彼の音楽は、どんな曲でも一音発しただけで曲想を確実に表現し、メロディを吹かせたらまず右に出る者はいないだろうし、いったんアドリブに入れば・・  >>全文を読む
人の心を揺り動かさずにはおかない 寺田 繁
音色、フレージング、アーティキュレーション、ノリ、曲の解釈など、全てが天下無比。温かくまた厳しく、ときに甘くときに哀しく  >>全文を読む
若き日の憧れの人 渡辺貞夫
そこでは毎夜ジャム・セッションが開かれており、以前ラジオで聞いたことのある五十嵐明要さん(as)とか清水潤(d)さんなど、憧れの大スターが多数出演していた。  >>全文を読む
五十嵐明要について 原 信夫
殊にそのアルトの音色の美しさは比類なく、またそのスタイルは一口にいえば中間派、つまり超モダンでもなく、古くなく中庸を得ており、スウィングを吹かせたら恐らく彼の右に出るものはないでしょう。>>全文を読む
このページの上に戻る