本文へスキップ

Webmaster's Choice

カウント・ベイシーCOUNT BASIE ORCHESTRA

>>次へ

カウント・ベイシー楽団論


■日本では、カウント・ベイシー・オーケストラが1936年にジョン・ハモンドにスカウトされて初録音した年から、ビッグバンド不況で解散した1945年までを「オールド・ベイシー」と呼び、1951年に再結成されたものを「ニュー・ベイシー」と呼ばれています。

■そして、日本では「ニュー・ベイシー」こそ音楽性が高いと評価されているように見えます。ベイシーは「ニュー・ベイシー」に限ると。そのように信じている人々は「オールド・ベイシー」をまともに聴いたことが無いように思えます。当時の録音はSP盤であり貧相なサウンドでしか聴き取れません。ところが近年のデジタル処理技術の発達で、相当高品位で80年前の録音を再生できるようになっているのです。

■更に困ったことに「オールド・ベイシーのメンバーは楽譜が読めなかった」というとんでもないデマをウィキペディアに書いている人がいることです。どうやら当時のバンドの仕様を理解できていないようです。迷惑な話です。

Count Basie and his Orchestra 1936-1945


■新しいベイシー・バンドは、「オール・アメリカン・リズム・セクション」を土台に編成されました。フレディ・グリーン(g)を中心に、エディ・ジョーンズ(b)、ソニー・ペイン(d)で構成されたリズム・セクションは伝統的なカンザス・スイングの伝統を受け継ぎ、そこにニール・ヘフティ、フランク・フォスター、ベニー・カーターなどの新感覚の編曲を得て新時代を切り開くビッグバンドとなりました。

■1955年以降、バンドのメンバーはほとんど変わらず、ベイシー・ファンは全メンバーの名前を憶えることになりました。演奏旅行で欧州各地を巡り、そして、ついに1963年に日本初公演を果たしました。日本のベイシーファンはレコードでお馴染みのミュージシャンの演奏とニュー・ベイシーの真髄に触れる喜びをかみしめました。同時に、フレディ・グリーンが大ホールにサウンドを轟かしていることに驚愕しました。

Count Basie Orchestra 1962


■ベイシー・バンドはクインシー・ジョーンズなどの若手アレンジャーを起用して、ファン層を広げました。また数多くのヴォーカリストたちと共演し、彼ら彼女らを一層に輝かせました。バンドの音楽性のピークは1965年頃だったと思われます。それ以降は時代の変化に流されて、騒々しい大ブローをしでかすようになりました。テナー・サックスのエディ・ロック・デイヴィスなどが典型的な例でしょう。

Count Basie Orchestra 1965


■それに加えて、サミー・ネスティコを編曲者に迎えてからベイシー・バンドのカラーが一変してしまいました。その作編曲はベイシー・バンドが熟成してきたサウンドを打ち壊し、基本となるべき「ベイシー・リズムセクション」を崩壊させてしまいました。ベースにピックアップを装着することが普通となり、クリーブランド・イートン(b)を典型例としてその下品なサウンドでベイシー・バンドは劣化の一途をたどりました。商売上手なネスティコはバンドの譜面を安価で市販し始め、ビッグバンドの若者たちがこぞってそれをベイシー・サウンドだと信じ込んで演奏し始めました。もうこうなると止まりません。

■ベイシーは晩年に欧州巡業に出ましたが、過去の名声で拍手を得ているだけでした。ただ、1979年オランダ公演ではベースに名手 ジョン・クレイトンが参加して引き締まった演奏を見せています。しかし別のベーシストが参加したCDアルバムは聴くに堪えないものでした。

Count Basie Orchestra 1979


■1984年、カウント・ベイシー没後、かつてベイシー・バンド生き残りのサイドメンがリーダーを引き継ぎました。サド・ジョーンズ(tp)、フランク・フォスター(ts)、グロバー・ミッチェル、ビル・ヒューズ(tb)、デニス・マックレル(d)たちがリーダーとなり、2018年現在はスコッティ・バーンハート(tp)がリーダーを務めています。この「レジェンダリー・バンド」は、フレディ・グリーンが存命の頃はなんとか聴けましたが、彼の没後は聴くに耐えないものです。2017年のこの演奏風景をご覧ください。これがあのベイシー楽団といえるのでしょうか。

The Legendary Count Basie Orchestra 2017


■かねてカウント・ベイシー後継バンドのお粗末さに閉口している中、ここに登場したのがジャズの歴史を探究しているトランペット奏者のウィントン・マルサリスです。彼はオールド・ベイシーから脈々と生き続けるベイシー・トラディションを継承する「カウント・ベイシー・オーケストラ」の姿を追究し、2018年のライブで提示しました。真のベイシー・ファンの求めていたものはこれだということが、その視聴回数の多さと寄せられる賛同と称賛のコメントで証明されています。

Jazz at Lincoln Center Orchestra 2018

1. Jumpin' at the Woodside 2. Goin' to Chicago Blues 3. Topsy 4. April in Paris 5. Tickle Toe 6. Blue and Sentimental 7. Everyday I Have the Blues 8. Swingin' the Blues 9. Shiny Stockings 10. Blee Blop Blues
(2018/04/28)
Wynton Marsalis(tp) Ryan Kizor(tp) Kenny Rampton(tp) Marcus Printup(tp) Jonah Moss(tp) Elliot Mason(tb) Chris Crenshaw(tb,vo) Sam Chess(tb) Kaspari Sarikoski(tb) Sherman Irby(as) Ted Nash(as) Victor Goines(ts) Julian Lee(ts) Paul Nedzella(bs) James Chirillo(g) Dan Nimmer(p) Charlos Henriques(b) Marion Felder(d)


■ウィントン・マルサリスは、その前年の2017年にベイシー・スタイルについて実験的な演奏を紹介しました。各セクションのプロミュージシャンの中にハイスクールの生徒を参加させてベイシーサウンドを再現したわけです。ギターの生徒にはチャーリー・クリスチャン風味のソロを紹介させるなど、次世代に本来のジャズの真髄を学ばせると同時に新しい試みです。カウント・ベイシー・オーケストラのファンにとって今後に明るい夢が開けます。ウィントン・マルサリスを復古主義者と蔑視する人もいるようですが、今日、彼のジャズ界に果たしている功績は尊敬に値するものと思われます。

Jazz at Lincoln Center Orchestra 2017

1. Vine Street Rumble 2. Katy-Do 3. Miss Missouri 4. Jackson Country Jubiliee 5. Sweet Glow 6. The Wiggle Walk 7. Meetin' Time 8. Pasco Promenade 9. Blue Five Jive 10.Rompin' at the Reno (2017/05/21)

■では、オールド・ベイシーの真髄を引き継ぐ新しいベイシー楽団の楽しい演奏をご覧いただきながら本章を終わらせていただきます。

Jazz at Lincoln Center Orchestra 2017 "Jingle Bells"


近年「批判はすれど対案を出せない」と政治家などが言われています。ここではそのようなことの無いように心がけました。(笑)

(2018/07/26)